ポリラインを作成する

ポリラインとは、1 つのオブジェクトとして作成される、接続された一連のセグメントです。直線セグメント、円弧セグメント、またはこれらを組み合わせて作成できます。

ポリラインは、次のようなアプリケーションに適しています。

  • 地形、等圧、その他の科学的なアプリケーションでの等高線
  • 配線図やプリント基板のレイアウト
  • プロセス図と配管図

ポリラインは、PLINE[ポリライン]RECTANG[長方形]POLYGON[ポリゴン]DONUT[ドーナツ]BOUNDARY[境界作成]REVCLOUD[雲マーク]などいくつかのコマンドを使用して作成できます。これらのコマンドで作成されたポリラインのオブジェクト タイプは、すべて LWPOLYLINE(ライトウェイト ポリライン)です。

3DPOLY[3D ポリライン]コマンドを使用すると、オブジェクト タイプが POLYLINE(ポリライン)である非平面のポリラインを作成できます。3D ポリラインで使用できるオプションはほとんどありません。

ポリラインを作成したら、グリップまたは PEDIT[ポリライン編集]コマンドを使用してポリラインを編集できます。EXPLODE[分解]コマンドを使用すると、ポリラインを個々の線分セグメントや円弧セグメントに変換できます。

注:PEDIT コマンドで作成したスプラインフィット ポリラインを、真のスプライン オブジェクト(SPLINE[スプライン]コマンドで作成されるオブジェクト)に変換できます。

幅のあるポリラインを作成する

[幅(W)]および[2分の1幅(H)]オプションを使用すると、さまざまな幅のポリラインを描くことができます。個々のセグメントの幅を設定し、ある幅から別の幅まで徐々にテーパを付けることができます。これらのオプションは、ポリラインの始点を指定すると使用できるようになります。

[幅(W)]および[2分の1幅(H)]オプションを使用すると、次に描くポリライン セグメントの幅が設定されます。0(ゼロ)より大きい値を指定すると、幅のある線分が作成されます。このとき、塗り潰しモードがオンになっている場合は塗り潰され、オフになっている場合は輪郭が表示されます。

通常、隣接する幅のあるセグメントの交点は斜めに切り取られます。ただし、接していない円弧セグメント、非常に狭い角度、またはダッシュやドットで構成されている線種のセグメントの場合は、斜めに切り取られません。

オブジェクトの境界からポリラインを作成する

BOUNDARY[境界作成]コマンドを使用すると、閉じた領域を形成しているオブジェクトの境界からポリラインを作成できます。この方法で作成したポリラインは、作成に使用した元のオブジェクトとは別のオブジェクトです。

大きい図面や複雑な図面で境界を簡単に選択できるよう、「境界セット」と呼ばれる、境界の候補となるグループを指定できます。境界セットを作成するには、境界を定義するために使用するオブジェクトを選択します。

手順
直線セグメントでポリラインを描くには
  1. [ホーム]タブ [作成]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトに対して、pline と入力します。
  2. ポリラインの最初の点を指定します。
  3. 最初のポリライン セグメントの終点を指定します。
  4. 必要に応じて、セグメントの終点の指定を続けます。
  5. [Enter]を押して終了するか、c と入力してポリラインを閉じます。

    最後に描いたポリラインの終点から新しいポリラインを描くには、PLINE[ポリライン]コマンドを再び実行し、プロンプト「始点を指定:」に対して[Enter]を押します。

線分と円弧を組み合わせたポリラインを描くには
  1. [ホーム]タブ [作成]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトに対して、pline と入力します。
  2. ポリライン セグメントの始点を指定します。
  3. ポリライン セグメントの終点を指定します。
    • コマンドのプロンプトに対して a と入力し、円弧モードに切り替えます。
    • L と入力し、線分モードに戻ります。
  4. 必要に応じて、その他のポリライン セグメントを指定します。
  5. [Enter]を押して終了するか、c と入力してポリラインを閉じます。
幅のあるポリラインを作成するには
  1. [ホーム]タブ [作成]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトに対して、pline と入力します。
  2. 線分セグメントの始点を指定します。
  3. w と入力します。
  4. 線分セグメントの始点での幅を入力します。
  5. 次のいずれかの方法を使用して、線分セグメントの終点での幅を指定します。
    • 均一幅の線分セグメントを作成するには、[Enter]を押します。
    • テーパ付きの線分セグメントを作成するには、異なる幅を入力します。
  6. ポリライン セグメントの終点を指定します。
  7. 必要に応じて、セグメントの終点の指定を続けます。
  8. [Enter]を押して終了するか、c と入力してポリラインを閉じます。
境界ポリラインを作成するには
  1. [ホーム]タブ [作成]パネル [境界作成]をクリックします。 コマンド プロンプトに対して、boundary と入力します。
  2. [境界作成]ダイアログ ボックスの[オブジェクト タイプ]リストから、[ポリライン]を選択します。
  3. [境界セット]領域で、次のいずれかの操作を行います。
    • 現在のビューポートに表示されているすべてのオブジェクトから境界セットを作成するには、[現在のビューポート]を選択します。大きい複雑な図面では、このオプションの使用を避けてください。
    • 境界セットに含めるオブジェクトを指定するには、[新規作成]をクリックします。境界の作成に使用するオブジェクトを選択します。このオプションを使用すると、[既存のセット]オプションが自動的に選択されます。
  4. [内側の点をクリック]をクリックします。
  5. 境界ポリラインを形成する各領域の内側で点を指定します。

    この領域は完全に閉じていなければなりません。つまり、囲んでいるオブジェクトにギャップがあってはなりません。複数の領域を選択できます。内部の閉じた領域を境界セットに含める場合は、[島の検出]チェック ボックスをオンにしておきます。

  6. [Enter]を押して境界ポリラインを作成し、コマンドを終了します。

    境界の形状のポリラインが作成されます。このポリラインは元のオブジェクトと重なっているため、見えないことがあります。ただし、他のポリラインと同様に、移動、複写、修正することができます。

コマンド
3DPOLY[3D ポリライン]

3D ポリラインを作成します。

BOUNDARY[境界作成]

閉じた領域からリージョンまたはポリラインを作成します。

EXPLODE[分解]

複合オブジェクトを構成要素となっているオブジェクトに分解します。

FILL[塗り潰しモード]

ハッチング、2D 塗り潰し、幅のあるポリラインなどのオブジェクトの塗り潰しをコントロールします。

PEDIT[ポリライン編集]

ポリラインを編集します。

PLINE[ポリライン]

線分セグメントと円弧セグメントから構成された単一オブジェクトの 2D ポリラインを作成します。

POLYGON[ポリゴン]

正多角形の閉じたポリラインを作成します。

RECTANG[長方形]

長方形のポリラインを作成します。

システム変数
FILLMODE

ハッチングおよび塗り潰し、2D 塗り潰し、幅のあるポリラインを塗り潰すかどうかを指定します。

HPBOUND

HATCH[ハッチング]および BOUNDARY[境界作成]コマンドで作成されるオブジェクトのタイプをコントロールします。

PLINECONVERTMODE

スプラインをポリラインに変換するときに使用されるフィット方法を指定します。

PLINEGEN

2D ポリラインの頂点での線種パターンの生成方法を設定します。

PLINETYPE

最適化 2D ポリラインを使用するかどうかを指定します。

PLINEWID

ポリラインの幅の既定が格納されます。