断面図を作成する

ベース ビューを作成したら、次のタイプの断面図を生成できます。

  • 完全断面図

    完全断面図は、パーツを作業平面に沿って切断したものです。完全断面図の断面を指定するには、少なくともベース ビューが存在する必要があります。

  • 位置合わせされた断面図

    位置合わせされた断面図は、パーツを 2 つの平行ではない作業平面に沿って切断したものです。位置合わせされた断面図の 2 つの断面を指定するには、少なくともベース ビューが存在する必要があります。

  • 部分断面図

    部分断面図は、背後の詳細を表すために材料を部分的に除去する場合に図面内で使用されます。少なくとも 1 つのベース ビューおよび別の直交投影ビューが必要です。1 つは切断線の指定、もう 1 つは深さの指定に使用されます。

    部分断面図を生成すると、切断線は非表示になります。新しい切断線を指定するか、既存の切断線を修正する場合は、AMEDITPSCUTLINE コマンドを使用して切断線を表示します。

  • オフセット断面図

    切断面のオフセットまたは曲げにより、オフセット断面図は直線上にないオブジェクトの特徴を表します。オフセットの切断線を指定するには、少なくともベース ビューが存在する必要があります。

  • 回転投影断面図

    回転投影断面図は、親ビュー内の点を中心に補助断面図を回転させて、直交投影断面図のような表示にします。ピボット点および切断面を指定するには、少なくともベース ビューが存在する必要があります。

手順
完全断面図を作成するには

完全断面図は、パーツを作業平面に沿って切断したものです。

最初に、少なくともパーツのベース ビューが作成されている必要があります。

  1. [図面]タブ で、[レイアウト]を右クリックし、 [新規ビュー]をクリックします。
  2. [図面ビューを作成]ダイアログ ボックスで、次のように指定します。
    • [ビュー タイプ]: [直交投影]
    • [断面]タブを選択します。
    • [タイプ]: [完全]
    • [ラベル]: 既定を受け入れます。
    • [ラベル パターン]: 既定を受け入れます。
    • [OK]を選択します。
  3. 親ビューを選択します。
  4. 直交投影ビューの位置を指定して、[Enter]を押します。
  5. [点(P)] <点(P)>を入力して[入力]セクションにプロンプトが表示されたら、再度[Enter]を押します。
  6. 親ビュー上で、パーツを切断する平面の深さを示す点を選択します。完全断面図が表示されます。
位置合わせされた断面図を作成をするには

最初に、少なくともパーツのベース ビューが作成されている必要があります。

  1. [ホーム]タブ [作図]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトで、PLINE と入力します。
  2. 親ビューで切断線を作図します。切断線の 1 番目の線分セグメントは、パーツやアセンブリの外部で開始し、内部で終了している必要があります。2 番目の線分セグメントは、パーツやアセンブリの内部で開始し、外部で終了している必要があります。組み合わせ断面図の切断線の作成には、2 つの線分セグメントだけが使用できます。
  3. [図面]タブ で、[レイアウト]を右クリックし、 [新規ビュー]をクリックします。
  4. [図面ビューを作成]ダイアログ ボックスで、次のように指定します。
    • [ビュー タイプ]: [直交投影]
    • [断面]タブを選択
    • タイプ: [組み合わせ断面図]
    • [OK]を選択
  5. 親ビューを選択します。
  6. 直交投影ビューの位置を指定し、[Enter]を押します。
  7. 切断線を選択します。組み合わせ断面図が表示されます。
部分断面図を作成するには

最初に、パーツの直交投影ビューが少なくとも2つ作成されている必要があります。 1つは切断線を示すために使用され、もう1つは深さを示すために使用されます。

  1. [ホーム]タブ [作図]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトで、PLINE と入力します。
  2. ビューの一方で、切断線を示す閉じたポリラインを作成します。
  3. [図面]タブ で、[レイアウト]を右クリックし、 [新規ビュー]をクリックします。
  4. [図面ビューを作成]ダイアログ ボックスで、次のように指定します。
    • [ビュー タイプ]: [ベース]
    • [断面]タブを選択します。
    • タイプ: [部分断面図]
    • [OK]を選択
  5. 親ビューを選択するようプロンプトが表示されたら、切断線が含まれたビューを選択します。
  6. ベース ビューの位置を指定するようプロンプトが表示されたら、クリックして部分断面図の位置を示し、[Enter]を押します。
  7. 切断線を選択します。
  8. 深さを示すためにもう一方の直交投影ビューを選択します。
  9. 直交投影ビュー上で、深さを示す点を選択します。部分断面図が表示されます。
部分断面図に対して新しい切断線を指定するには
注:切断線を修正するには、切断線が含まれたビューを削除しないようにする必要があります。
  1. 元の切断線が含まれたビューで、新しい切断線として使用する閉じたポリラインを作成します。
  2. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  3. コマンド プロンプトで、S と入力します。
部分断面図を生成するために使用された切断線を修正するには
注:切断線を修正するには、切断線が含まれたビューを削除しないようにする必要があります。
  1. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  2. コマンド プロンプトで、D と入力します。
  3. 切断線を修正します。
  4. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  5. コマンド プロンプトで、S と入力します。
部分断面図に対して新しい切断線を指定するには
注:切断線を修正するには、切断線が含まれたビューを削除しないようにする必要があります。
  1. 元の切断線が含まれたビューで、新しい切断線として使用する閉じたポリラインを作成します。
  2. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  3. コマンド プロンプトで、S と入力します。
部分断面図を生成するために使用された切断線を修正するには
注:切断線を修正するには、切断線が含まれたビューを削除しないようにする必要があります。
  1. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  2. コマンド プロンプトで、D と入力します。
  3. 切断線を修正します。
  4. ブラウザで、部分断面図を表すアイコンを右クリックして、[切断線の再選択]を選択します。
  5. コマンド プロンプトで、S と入力します。
オフセットされた断面図を作成するには

最初に、少なくともパーツのベース ビューが作成されている必要があります。

  1. [ホーム]タブ [作図]パネル [ポリライン]をクリックします。 コマンド プロンプトで、PLINE と入力します。
  2. 親ビューで、パーツ上に切断線を作図します。切断線の 1 番目の線分セグメントは、パーツの外部で開始し、内部で終了している必要があります。中間の線分セグメントは、パーツの内部で開始および終了している必要があります。最後の線分セグメントは、パーツの内部で開始し、外部で終了している必要があります。オフセットされた切断線セグメントの方向は、90 度ずつ増やすことができます。
  3. [図面]タブ で、[レイアウト]を右クリックし、 [新規ビュー]をクリックします。
  4. [図面ビューを作成]ダイアログ ボックスで、次のように指定します。
    • [ビュー タイプ]: [直交投影]
    • [断面]タブを選択します。
    • [タイプ]: [オフセット]
    • [OK]を選択
  5. 親ビューを選択します。
  6. 直交投影ビューの位置を指定し、[Enter]を押します。
  7. 切断線を選択します。オフセット断面図が表示されます。
回転投影断面図を作成するには

最初に、少なくともパーツのベース ビューが作成されている必要があります。

  1. [ホーム]タブ [作図]パネル [線分]をクリックします。 コマンド プロンプトで、LINE と入力します。
  2. 親ビューで、パーツを貫通する切断線を作図します。
  3. [図面]タブ で、[レイアウト]を右クリックし、 [新規ビュー]をクリックします。
  4. [図面ビューを作成]ダイアログ ボックスで、次のように指定します。
    • [ビュー タイプ]: [直交投影]
    • [断面]タブを選択します。
    • [タイプ]: [回転投影断面図]
    • [ラベル]: 既定を受け入れます。
    • [ラベル パターン]: 既定を受け入れます。
    • [OK]を選択します。
  5. 親ビューを選択します。
  6. 直交投影ビューの位置を指定し、[Enter]を押します。
  7. 作業平面を選択します。これはパーツを切断する線分です。
  8. 円の外側エッジをクリックしてピボット点を選択します。回転投影断面図がベース ビューの横に表示されます。
コマンド
AMDWGVIEW[ビュー作成]

Inventor リンク モデルの新規図面ビューを作成します。

 リボン:現在のワークスペースのリボンでは使用できません現在のワークスペースのリボンでは使用できません。
 ツールバー:[図面レイアウト]
 メニュー:現在のワークスペースのメニューに存在しません。現在のワークスペースのメニューに存在しません。
 コマンド入力:amdwgview

3D モデルに対しては、さまざまなタイプの図面ビューを作成できますが、最初にベース ビューを作成しなければなりません。

ダイアログ ボックスの定義

[図面ビューを作成]ダイアログ ボックス

[ビュー タイプ]

作成するビューのタイプを指定します。

  [ベース]

選択した方向に従ってパーツの最初の図面ビューを作成します。

  [複数]

ダイアログ ボックスに戻らずに、親ビューの複数の投影ビューを作成します。必要に応じて、直交投影ビューとアイソメ ビューを配置できます。

  [直交投影]

既存のビューをもとに、直交投影ビューを生成します。親ビュー、投影方向、ビューの配置位置が必要です。

  [補助]

パーツの既存のビューをもとに、補助投影ビューを作成します。親ビュー、投影方向を指定する 2 点、および配置位置の指定が必要です。

  [アイソメ]

前面/左側面、前面/右側面、背面/左側面、背面/右側面の表示を使用して、親ビューのビューを作成します。

  [詳細]

親ビューの一部分の拡大図を作成します。非矩形状のビューポートを作成して、親ビューの中から、ビューの部分を指定できます。

  [破断]

長いパーツの既存のビューをもとに、破断図を作成します。

[データセット]

新しいビューに使用するデータセットを指定します。

  [アクティブなパーツ]

アクティブなパーツを使用してビューを作成します。

  [シーン]

選択したシーンをビューに使用します。

  [選択]

選択したオブジェクトをビューに使用します。

注:オブジェクト選択のみが Autodesk Inventor ドキュメントにリンクされた図面ファイル上でサポートされています。
  [グループ]

指定されたオブジェクトのグループを使用します。このオプションは、図面でオブジェクトのグループを定義している時にだけ使用可能です。

[レイアウト]

選択したレイアウトにビューを配置します。

[方向]

図面ビューの方向を選択します。

[プロパティ]

ビューのプロパティをコントロールします。

 

[尺度]

ビューの尺度を設定します。

 

[親に相対]

ビューが親ビューに相対した尺度かどうかを指定します。

 

[詳細記号]

詳細図と断面図の文字ラベルを設定します。

 

[ラベル パターン]

記号規格で設定されたパターンに従って、ビューに名前を付けます。パターンには、ビュー名として機能するパターンの変数として、詳細ラベル<DETAIL_LABEL>および詳細図尺度<DETAIL_SCALE>が使用されます。

 

[独立ビュー表示]

このオプションは、[ビュー タイプ]を[詳細]に設定している場合にのみ使用できます。詳細図の表示プロパティを親ビューから独立化します。

[オプション]

[オプション]ダイアログ ボックスが開き、図面ビューに対するオプションを設定できます。詳細は、OPTIONS[オプション]コマンドを参照してください。

[隠線]タブ

図面ビューの隠線の設定をコントロールします。

 

[隠線を計算]

[隠線を計算]オプションをオンにします。オフの場合は、隠線は計算されず、ビューに表示されません。

 

[隠線を表示]

ビューに隠線を表示します。

 

[接線を表示]

ビューに接線のシルエットを表示します。

 

[同一のエッジを除去]

ビューの重複したエッジを除去します。

 

[干渉エッジを表示]

アセンブリ内でメイト拘束されたパーツが干渉する場合に、干渉エッジを計算して表示します。

 

[表示方法]

[隠線を計算]オプションが無効なときに、非表示エッジの表示を設定します。

[断面]タブ

断面図の設定をコントロールします。

 

[タイプ]

断面図のタイプを指定します。

   

[なし]

断面図を作成しません。

   

[完全]

ベース ビュー、補助投影ビュー、破断図、および直交投影ビューの完全な断面図を作成します。

   

[半分]

作業平面または作業点を通して半断面図を作成します。

   

[オフセット]

ベース ビュー、直交投影ビュー、破断図、または補助投影ビューからオフセットされた断面図を作成します。

   

[組み合わせ断面図]

ベース ビュー、直交投影ビュー、または補助投影ビューから組み合わせ断面図を作成します。

   

[部分断面図]

ベース ビュー、直交投影ビュー、または補助投影ビューから部分断面図を作成します。

   

[回転投影断面図]

ベース ビュー、直交投影ビュー、または補助投影ビューから径寸法記入済みの回転投影断面図を作成します。

   

[投影]

パーツの作成時に、そのパーツのすべての詳細図とともに投影ビューを表示します。

   

[規格]

詳細図とともにパーツの断面図を表示します。

   

[簡易]

パーツの表示を簡略化し、断面図のみを表示します。詳細図は表示しません。

 

[ラベル]

断面図で使用するラベルを指定します。

 

[ラベル パターン]

断面図に使用する記号を指定します。

 

[ハッチング]

断面図をハッチングするかどうかを指定します。

 

[パターン...]

断面図のハッチング パターンおよびパラメータを設定します。AutoCAD の[ハッチング パターン]ダイアログ ボックスを開きます。

 

[隠れるハッチングを非表示]

通常ビューの外側に隠れるハッチング パターンを非表示にします。

[標準部品]タブ

図面ビューでの部品の表示方法をコントロールします。

 

[2D の表示方法]

図面ビューで、3D 標準部品を 2D 表示します。この設定によりパーツが変更されることはありません。

[ハッチング パターン]ダイアログ ボックス

[パターン タイプ]

断面図に使用するハッチングのタイプを指定します。イメージをクリックして、使用可能なパターンを切り替えるか、ドロップダウン リストからパターンのタイプを選択します。有効なタイプには、[定義済み]、[ユーザ定義]、[カスタム]があります。

[ハッチング スタイル]

ハッチングの適用方法を指定します。イメージをクリックして、使用可能なスタイルを切り替えるか、ドロップダウン リストからスタイルを選択します。

[パターン プロパティ]

選択されたハッチング パターンのプロパティを指定します。

[ISO ペン幅]

ハッチング パターンに適用する ISO ペン幅を指定します。

[パターン...]

使用するハッチング パターンを指定します。

[カスタム パターン]

使用するカスタム ハッチング パターンを指定します。

[尺度]

ハッチング パターンの尺度を指定します。

[角度]

ハッチング パターンに適用する角度を指定します。

[間隔]

ユーザ定義のハッチング パターンに適用する間隔を指定します。

[ダブル]

ユーザ定義のハッチング パターンをダブルにするかどうかを指定します。

[分解]

ハッチング パターンを分解するかどうかを指定します。

AMSTYLEI[スタイル読み込み]

寸法スタイルを別の図面から読み込みます。

AMSTYLEI コマンドは[図面を選択]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、寸法スタイルの読み込み元の図面を選択します。次に[寸法スタイルを読み込み]ダイアログ ボックスが開きます。

 リボン:現在のワークスペースのリボンでは使用できません現在のワークスペースのリボンでは使用できません。
 ツールバー:[なし]
 メニュー:[形式] [スタイル読み込み]現在のワークスペースのメニューに存在しません。
 コマンド入力:amstylei

ダイアログ ボックスの定義

[図面を選択]ダイアログ ボックス

[ファイルの場所]

ファイルのフォルダを指定します。

[ファイル名]

選択されたファイルの名前を表示します。

[ファイルの種類]

指定した種類の拡張子の付いたファイルを表示します。

[プレビュー]

選択されたファイルを表示します。ファイルを選択していない場合、AutoCAD ファイルではないファイルを選択した場合、または旧バージョンの AutoCAD のファイルを選択した場合は、[プレビュー]領域には何も表示されません。

[場所検索]

[ファイル名]フィールドに表示されたファイル名を検索します。

[ファイル検索...]

[検索]ダイアログ ボックスを開きます。AMRECOVER[Desktop 修復]を参照してください。

[寸法スタイルを読み込み]ダイアログ ボックス

[読み込む寸法スタイル]

読み込み可能な寸法スタイルを表示します。

[現在の寸法スタイル]

現在の図面で使用可能な寸法スタイルを表示します。

寸法スタイルを読み込むには、[読み込む寸法スタイル]の一覧からスタイルを選択し、矢印ボタンをクリックします。そのスタイル名が[現在の寸法スタイル]の一覧に表示されます。読み込まれた寸法が現在のスタイル名と重複する場合は、[寸法スタイル名の置き換え]ダイアログ ボックスが表示されます。

[寸法スタイル名の置き換え]ダイアログ ボックス

[新しい名前]

読み込まれた寸法スタイルの新しい名前を指定します。

システム変数 AMHLCALC

図面ビューでの隠線計算を省略またはアクティブにします。

タイプ:

整数

初期値:

1

有効値:

0 - 隠線は削除されません。

1 - 完全に閉塞して隠線を削除します。

AMLINETHICK

ISO および DIN 規格で、ねじ注釈を計算するのに使用される線分の太さを設定します。

タイプ:

実数

初期値:

0.0275

有効値:

制限なし

システム変数 AMPROJTYPE

直交投影ビューまたは補助投影ビュー用の図面ビューの投影法を設定します。AMPROJTYPE の設定は、コマンド ラインで行ったり、[オプション]ダイアログ ボックスの[AM:規格]タブで、ブラウザのツリーの規格を右クリックして行えます。

タイプ:

整数

初期値:

1

有効値:

0 - 第一角法を使用します。

1 - 第三角法を使用します。

アクセラレータ キーによる第一角法での表示と AMPROJTYPE からの第三角法の設定

アクセラレータ キー 3 (3 つのビューポート)と 4 (4 つのビューポート)は、モデルと図面モードの両方で、AMPROJTYPE の設定に基づいて投影をコントロールします。次に例を示します。

  • AMPROJTYPE が 0 に設定されている場合、ビューポートのビューは、第一角法で表示されます。
  • 1 に設定されている場合、ビューポートのビューは、第三角法で表示されます。

システム変数 AMVANISH

システム変数 AMVANISH は、タップが穴の全長を延長しない場合の、ねじ穴のバニッシュ線をコントロールします。このシステム変数は、ANSI 規格でのみ使用できます。

タイプ:

整数

初期値:

0

有効値:

0 - オフ

1 - オン

AMMODE[モード切り替え]

モデル空間とペーパー空間を切り替えます。

 リボン:現在のワークスペースのリボンでは使用できません現在のワークスペースのリボンでは使用できません。
 ツールバー:[図面レイアウト]
 メニュー:現在のワークスペースのメニューに存在しません。現在のワークスペースのメニューに存在しません。
 コマンド入力:ammode
注:ブラウザ、アイコン、またはメニューを使用してモードを切り替えている場合、[オプション]ダイアログ ボックスで[ブラウザ/ツールバーの同期化]をオフにしていない限り、AMMODE コマンドは自動的に機能します。

コマンド ラインのオプション

モデル モードに切り替える

作図モードの場合は、次のプロンプトが表示されます。

モードを復元 [図面(D)/モデル(M)] <モデル>: モデル モードに切り替えるには、[Enter]を押します。

作図モードに切り替える

モデル モードの場合は、次のプロンプトが表示されます。

モードを復元 [図面(D)/モデル(M)] <図面>: 図面モードに切り替えるには、[Enter]を押します。

AMEDITPSCUTLINE[ペーパー空間切断線を編集]

AMEDITPSCUTLINE を使用すると、Autodesk Inventor とリンクされたモデルの部分断面図にある、新しい切断線を編集したり指定することができます。

 リボン:現在のワークスペースのリボンでは使用できません現在のワークスペースのリボンでは使用できません。
 ツールバー:なし。
 メニュー:現在のワークスペースのメニューに存在しません。現在のワークスペースのメニューに存在しません。
 コマンド入力:ameditpscutline

AMEDITPSCUTLINE を使用した切断線の編集には、3 段階の手順があります。コマンドを使用して切断線を表示します。切断線を修正します。AMEDITPSCUTLINE コマンドを再発行し、切断線をもう一度選択します。

コマンド ラインのオプション

部分断面図を選択: ペーパー空間で部分断面図が含まれるビューを選択するか、[Enter]を押してコマンドを終了します。無効なビューを選択した場合は、プロンプトがもう一度表示されます。

ペーパー空間切断線のオプションを入力 [表示(D)/選択(S)] <表示>: 新しい切断線を選択するために S と入力するか、切断線を表示するために[Enter]を押します。元の切断線を消去していない場合は、部分断面図が更新されます。切断線を消去した場合は、新しい切断線を選択するプロンプトが表示されます。